中劇場 Playhouse

  • 中劇場 Playhouse

設備概要

舞台仕様

プロセニアム形式舞台⼨法
間⼝16.15m/⾼さ10.3m/奥⾏12.55m(ホリゾント幕まで)
⾳響反射板内部⼨法
開⼝ 前側間⼝16.15m/⾼さ10.3m
   奥側間⼝10.78m/⾼さ7.17m
奥⾏ 9.15m(正⾯反射板まで)
組⽴式舞台床

残響時間(500Hz /sec)

プロセニアム形式満席時/未測定、空席時/1.1 – 1.5秒
⾳響反射板使⽤時満席時/未測定、空席時/1.5 – 1.9秒
※2022.01.20時点での想定値

客席

総数807席(うち⾞いす席6席)
1階客席564席
2階客席243席

搬⼊⼝

搬⼊扉W:3,000×H:2,990㎜
搬⼊スペース開⼝⾼(ヤードから)/約5,160㎜
プラットフォーム⾼ /約970㎜
11tトラック1台留め置き可能

技術諸室

⾳響調整室・調光操作室1階客席 後⽅

楽屋

中劇場付属楽屋

室名化粧前数室面積(㎡)
楽屋15310
楽屋16920
楽屋17920
楽屋18921
楽屋1918

別途有料楽屋

室名化粧前数室面積(㎡)
楽屋251030
楽屋261030
楽屋271030

※2022.04.29時点情報、室⾯積は壁芯のため利⽤可能⾯積は⼩さくなります

中劇場のご利用の流れ

(A)文化芸術の振興にあたるもの

中劇場 Playhouse

※使用希望日が重複する場合
小劇場、アートサロン:話し合いによる調整を行い、調整できない場合は、抽選にて使用者を決定します。
中劇場:使用調整委員会に規定する評価基準を適用して、使用者を決定します。
※本申込みにて決定に至らなかった 場合、( B)でのお申し込みが可能です 。

(B)文化芸術の振興以外のもの(一般利用)

中劇場 Playhouse

利用料金

中劇場 Playhouse

図面

機構

照明

音響

ご利用の流れ

必要書類の提出により申し込みを受け付けいたします。

文化芸術の振興は一般のお申込みより先に申し込みができます。

(A)文化芸術の振興にあたるもの
■申込受付:14か月前 初日~7日    

■提出書類:①使用計画書 ②事業計画書の提出     

■提出方法:持参により窓口での提出を基本としますが、郵送、メールでも受け付けます。

Email:soumu_gekijo@ocac.jp 

※「文化芸術の振興」対象の選定ポイント こちらをクリック
※メールの場合は必ず受付期間内に送信してください。
※郵送の場合は7日必着でお願いします。
※現在、日曜日は休業日のため窓口での受付はできません。
※受付期間は月によって変更することがあります。

前後を問わず期間外の提出は無効扱いとなります。

提出いただいた書類をもとに、審査委員会で利用調整を行った後に、結果を通知いたします。

先着順ではありません。なお、劇場主催事業などで、ご利用いただだけない場合があります。

(B)文化芸術の振興以外のもの(一般利用)

初日抽選会

■ 受付日時:12ヶ月前の月の平日初日  14:00から(受付13:50から)

■ 会   場:岡山市民会館会議室

■ 提出書類:使用計画書

(事前に使用計画書(希望調査書)を記入の上ご持参いただくか、当日記入して提出)

(受付時間・会場は変更になる場合がございますのでニューストピックスにてご確認ください)
※受付を10分前(13:50)から行いますので、抽選会開始時間までに受付をお済ませください。

翌日(2日目以降)通常受付
■ 受付日時:抽選会の翌日から 平日及び土曜日の9:00から17:00

(12:30から13:30を除く)
■ 受付窓口:岡山芸術創造劇場事務所(現在は、岡山市民会館4階会議室です)
  ・申請書の提出をもって受付とします。
  ・当該月の使用可能日を事前に確認の上、日程を押さえた上で速やかに申請をお願いします。

・また、仮予約を希望される 場合は、必ずお電話、または窓口にて日程を申し出てください。
   ※お申し出内容

①個人・団体名 ②使用者登録番号 ③ご担当者名 ④ご担当者連絡先⑤日程と使用時間 

⑥催物名

・仮予約期間は2週間以内とさせていただき、期間内に決定しない場合は仮予約を取り消しさせていただきます。